憧れのジューンブライド、その由来は??

6月、結婚式、といえば「ジューンブライド」という言葉がパッと浮かんできます👰
ジューンブライドは幸せになれる。
それは聞いたことがある!という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか??

では「ジューンブライド」の由来とは??

紫陽花には「家族団らん」という花言葉もあるんです!

諸説あるそうですが、ギリシャ神話に登場する「ゼウス」の妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。

また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多かったから、という説もあるんです。

6月は、日本では梅雨の季節。
その一方、海外ではハワイやヨーロッパなど、乾季に入っている国が多く、心地よい気候で過ごせる季節なんだそう。
羽田空港で結婚式を挙げて、そのまま飛行機に乗って気候のよい海外へハネムーン…なんてのも素敵ですね( *´艸`)


目次
閉じる